デュタステリドとは?薄毛に効かないのか?

AGA治療薬として新たに登場したデュタステリドは、

 

フィナステリドやミノキシジルといった代表的なAGA治療薬に比べると効果があるという記事は少ないのですが、

 

承認されている新薬という事で期待が持てます。

 

デュタステリド,薄毛

 

 

AGA治療には長期的な薬の服用が必要となっており、そのために即効性のある薬は開発に至っていないと言われているのです。

 

そもそも、デュタステリドはAGA治療のために開発された薬ではなく、もともと全く分野の異なる病気の治療薬で使用されていたという実績があります。

 

その病気の代表例というのは前立腺肥大症の治療であり、イギリスの製薬会社が開発した薬です。

 

 

前立腺肥大症の治療過程において、薄毛の治療効果を確認できたことで、最近ではAGA治療にも用いられるようになったのです。

 

日本では、前立腺肥大症の治療薬であったアボルブから開発されたのが、ザガーロであり、現在では国内でもこの薬も認可されるようになりました。

 

 

海外ではジェネリック医薬品も存在していますが、今の所国内ではこの薬のジェネリック医薬品というのは存在しておらず、国内で認可を受けているのは他でもないザガーロのみになるのです。

 

そのザガーロというもの自体が別名”デュタステリド”と呼ばれています。

 

 

デュタステリドのライバル

 

デュタステリドとしばしば比較されるのが、先にも述べたようにフィナステリドという薬です。

 

 

この2つの薬は、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結合するのを阻害し、

 

薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成を予防する効果を期待することができるという共通点があります。

 

 

デュタステリド,薄毛

 

 

同じような働きをする薬であっても、前者のほうが効果が高いことが研究によりわかってきており、

 

その結果、AGA治療にはザガーロ(デュタステリド)がしばしば用いられる機会が増えてきているのです。

 

 

研究の場においても、プロペシアに比べてザガーロ(デュタステリド)のほうが発毛の効果が高いことが確認されていることから、治療の現場においてもザガーロが選ばれるようになってきています。

 

 

ただし、効果が現れるのに時間がかかるため、最低でも半年以上の服用を続けることが重要です。

 

 

こうした背景を元に、爆毛根がどのようなメカニズムで育毛することができるのか解説します。

 

 

この商品にはミノキシジルの配合率がとても高く5%と7%が販売されています。

 

 

それに加えて新薬で注目度の高いデュタステリドが配合されているため、成分のいいとこ取りをした形の育毛剤であることが分かります。

 

この2つの有効成分の相乗効果により、発毛を高めることができるようになっているのが特徴です。

 

爆毛根についてはトップから↓
トップページ