デュタステリドで脂漏性皮膚炎なることも?

デュタステリドはザガーロともいわれ、2015年9月28日に厚生労働省から承認を得たAGA治療のための内服薬です。

 

日本では2016年6月から販売が開始されています。

 

 

以前からは認可されたAGA治療薬として、専門医ではプロペシアともいわれるフィナステリドとミノキシジルが処方されていましたが、そこに追加された形です。

 

デュタステリドの育毛効果とは?

 

デュタステリドもプロペシアと同じように、もともと前立腺治療のために使われていた薬で、それを服用することにより発毛が見られたということで、
実際に20代から50代の男性を対象に臨床実験を行ったところ頭頂部に丈夫な毛が増えてきたという効果が認められました。

 

 

男性脱毛症は、

 

男性ホルモンが先頭部や頭頂部にある5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンという脱毛を引き起こすホルモンに代わることによって起こるのですが、

 

5αリダクターゼを抑制する効果があるのです。

 

 

デュタステリド,脂漏性皮膚炎

 

 

服用の対象となるのはAGA脱毛の男性のみで、女性と未成年の子どもは対象外です。

 

肝機能に重度の障害がある方も血中濃度が高くなる恐れがあるため服用ができません。

 

 

またデュタステリドがカプセルや錠剤の状態の時は問題がないのですが、

 

もし中身が漏れて触ってしまった場合は皮膚からそれが吸収されてしまうので、女性や子供は触れないように注意し、

 

もし触れてしまったら石鹸を使ってしっかりと洗い流すようにすることと、服用中は輸血ができないことに注意が必要です。

 

 

デュタステリドは脂漏性皮膚炎の心配はあるの?

 

このような効果や副作用もあるデュタステリドですが、

 

脱毛を抑える作用があるデュタステリドと発毛効果のあるミノキシジルの二つの成分が配合されたものに「爆毛根ローション」という育毛剤があります。

 

ミノキシジルは空気に触れると劣化してしまうという特徴があるので、短時間に浸透させる必要があるのですが、

 

爆毛根は、成分を人間の肌細胞に近いカプセル状に配列されていて肌への浸透力を高めているので、成分が有効に作用するのです。

 

 

爆毛根は返金保証があるので安心

 

爆毛根は外用専用で頭皮のみに使用します。

 

脱毛部位に1日2回塗布することを2ヶ月から4か月続けてみることで効果が期待できます。

 

 

爆毛根ローションにはミノキシジルが5%配合のものと7%配合のものがあり、

 

ひと箱当たり5%の方は8900円、7%の方は9800円となっていて、

 

爆毛根も18歳未満の方や頭皮に炎症がある方など使えない場合もあります。

 

 

使用してみて

 

  • 頭皮にかゆみが出て脂漏性皮膚炎っぽい
  • 使い心地が良くない
  • 1か月近く使用しても何の変化もない

 

 

などという場合は全額保証制度があるので、安心して購入できます。

 

実際には脂漏性皮膚炎という症状が出る方は稀だとは思いますが、

 

もしそのような症状が出始めた時点で、育毛剤の使用は中止した方がよさそうです。

 

 

 

爆毛根に限らず、頭皮に付けるものはすべて同じですので、使用しながら注意して経過を見るしかないですね。

 

とはいえ、爆毛根の育毛効果は口コミでも評判ですので一度使ってみることをお勧めします。

 

 

爆毛根について詳しくはトップページから
トップページ