育毛剤って意味ないの?効果がある人とない人の違いは?

育毛剤,意味ない,効果

年齢を重ねた男性の他に、昨今では若年層や女性においても薄毛の症状に悩まされている方が増加傾向にあります。

 

 

 

顔に近い部分に生じる変化であるが故に目立ちやすいのですが、

 

悩みを解決させるために役立つのが育毛剤です。

 

 

 

育毛剤は脱毛を抑制する働きがある

 

次第に頭皮の頭髪が減少してしまう理由として

 

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが細胞を介して酵素と結びついてしまい

 

DHTという物質が生まれるためです。

 

 

DHTは頭皮に存在している頭髪を脱毛させる作用を有しているため

 

DHTが存在し続けている限り頭髪が抜け落ち続けてしまいます。

 

 

 

 

日販売されている育毛剤の中には有効成分として酵素を抑制させられる成分が含有されているので頭髪の脱毛を食い止められます。

 

 

また、抜け落ちる毛の量が多かったり新たに生えてくる髪の毛が産毛のように細く柔らかく頭皮が目立ってしまう方は、頭皮に多く張り巡らされている血管の血流が悪化しています。

 

 

 

頭皮に張り巡らされている血管の中を通っている血液は

 

血液の流れに乗って健康的な髪の毛を生み出すために欠かせない

 

亜鉛やタンパク質、アミノ酸などの栄養素も潤沢に有しつつ髪の毛の毛根にある毛母細胞に対して届ける働きがあります。

 

 

 

 

育毛剤を使用すると血流が悪化していた事により届けられなかった栄養素が届けられるようになるため

 

再び髪の毛が太くて濃い様子になります。

 

 

 

そして、濃くて太い髪の毛を生み出して維持するには頭皮の内部はもとより頭皮の表面の状態も重要となります。

 

 

皮脂が多く毛穴が詰まっていたりフケが生じるほど乾燥状態状態になっていると

 

抜け毛が増える上に新たな髪の毛が生えてこなくなります。

 

 

 

育毛剤が含有している有効成分の中には頭皮環境を良好にする効果も高いので

 

適度な潤いを保ちながらしっかりとした髪の毛を生やすための土台作りが行えます。

 

 

 

もちろん、頭皮に塗布や噴射した有効成分は頭皮の内部に浸透し

 

 

頭皮内にて髪の毛を生み出すための要として必須な毛母細胞にまで行き届きます。

 

 

 

たとえ毛母細胞が存在していても要する有効成分が不足していると細胞分裂が行われなくなってしまいます。

 

 

コシが無い髪の毛が生えてきたり毛穴が開いているものの髪の毛は見受けられないという様子になりますが

 

有効成分により毛母細胞の細胞分裂が活性化するため、根本的に抜け毛や薄毛の解決に繋げられます。

 

 

 

一方、既に毛母細胞自体が失われている場合は育毛剤の有効成分が届いても髪の毛が生み出せないので意味ない事例が多く

 

他にも少なくとも3ヶ月間は地道に使い続ける事ができない方にとっては理想的な結果になりません。